自己破産すると奨学金返済はなくなるって本当?~ウワサの真相~

自己破産すると奨学金返済はなくなるって本当?~ウワサの真相~

自己破産すると奨学金返済はなくなるって本当?~ウワサの真相~

債務があまりにも多すぎて返済をするのが不可能である、という時は、債務整理のために自己破産をする事ができます。自己破産は、裁判所に免責の許可を受ければ、家や車等の大きな財産を手放す代わりに、債務の支払い義務から解放されるという制度です。
 支払いが免れる債務は、ローンやキャッシングだけではありません。奨学金も免責されるのです。せっかく学校を卒業したのに、返済が生活を圧迫してしまい、これを理由に破産申立をするという人も珍しくありません。
 しかし、奨学金の免責で気を付けたいのは、自己破産をした本人には返済の義務はなくなる一方、連帯保証人に返済義務が生じてしまうという事です。奨学金を借りる際は、親が連帯保証人となっているケースが多くあります。この場合、債務者が自己破産をしてしまった場合は、親が奨学金の返済をしなければなりません。自己破産をする場合は、事前に保証人と話し合いをしておかなければなりません。
 自己破産をしなくても債務整理をする手段はあります。奨学金以外の債務もある場合、任意整理という手段を取れば、奨学金以外の債務を減らす事ができる可能性があります。また、病気や失業等で返済ができない場合は、返済猶予制度があるかどうかを確認するというのも一つの方法です。
 奨学金の返済をしている場合は、保証人の事も考えなければなりません。簡単に自己破産を選択するのではなく、自分がとれる手段を十分に検討していく必要があります。