自己破産するための条件をまとめました《自己破産完全マニュアル》

自己破産するための条件をまとめました《自己破産完全マニュアル》

自己破産するための条件をまとめました《自己破産完全マニュアル》

自己破産は債務問題を抱えた人にとって「債務を帳消しにする」ための最後の手段となります。
自己破産をしたという情報は数年間にわたって信用情報に記録されるため、破産後は一定の間お金を借りることはできません。
しかしそういったデメリットがあるとしても、債務を帳消しにできることのメリットは非常に大きいと言ってよいでしょう。
とはいえ、この自己破産は誰でもいつでも利用できるというものではありません。
利用をする際には必ず一定の条件を満たしている必要があるのです。
では、その条件にはどういったものがあるのでしょうか。
まず最初に注意しなくてはならないこととなるのが「債務ができた理由」についてです。
よほどの例外を除いて、債務が勝手にできるということはありません。
債務があるということには必ず理由があり、その理由にもさまざまな種類があります。
しかし基本的に、自己破産が認められるのは「生活上必要だった場合」に限ります。
ですから「浪費目的の債務」という場合には自己破産を認めてもらうことはできないのです。
こうしたことは「免責不許可事由」と呼ばれていますが、破産申し立てをする際には必ずチェックしなくてはならない最低条件となります。
また「返済能力が無い」ということも重要な条件です。
「借金を返済する能力がある」と言うような場合、それは頑張って返済をしなくてはなりません。
誰でも「返したくないから」という理由で破産を認めていたのでは、金融が機能しなくなるからです。
そのため自己破産時には「返済が明らかに不可能である」というように認められる必要があるのです。
破産申し立ての際にはこうしたことをしっかりと確認するようにしましょう。