自己破産のデメリットを知ろう!※自己破産におけるリスクとは?

自己破産のデメリットを知ろう!※自己破産におけるリスクとは?

自己破産のデメリットを知ろう!※自己破産におけるリスクとは?

自己破産は人生において一度しかできないというものではありません。複数回することは可能です。何回もした人がいるのかどうかはわかりませんが、法的に言えば何度かすることも可能です。ただ、デメリットとして挙げられるのは、7年空けなければならないことです。つまり、7年間たてば再び自己破産できることになります。

これがデメリットと感じない人がいるかもしれません。自己破産をすればブラックリストに乗りますから、新たに借り入れはできません。ですから、借金のしようがないと考える人もいるでしょう。確かに、普通の銀行や消費者金融なら貸してはくれませんが、闇金が貸し付けを行うことはあります。闇金は、もともと法律とは無縁の存在ですから、貸し付けて利益を得ようと考えることもあるのです。

闇金であってもほかの金融機関であっても、貸し付けをしたのちに自己破産されると貸し付けた資金が焦げ付きますから、利益は損なわれるでしょう。普通の金融機関なら、このような人には貸し付けないものなのですが、闇金は違います。7年間は自己破産ができないのですから、資金が焦げ付くことがないと、そう判断するわけです。

自己破産をすれば官報に情報が掲載されます。そして、その情報を闇金はチェックしています。自己破産後には闇金から勧誘が増えるというデメリットがありますが、それはこのような仕組みになっているからだといえるでしょう。闇金の甘い勧誘には引っかからないように注意しましょう。