自己破産にかかる費用の相場は一体どれくらい?|自己破産ナビ

自己破産にかかる費用の相場は一体どれくらい?|自己破産ナビ

自己破産にかかる費用の相場は一体どれくらい?|自己破産ナビ

初めの時は、返済もキチンとできると考えてお金を借りていきます。
しかし、だんだんと借りることに感覚が麻痺をしていきひどくなると限度額までは自分のお金だと錯覚する人もいます。
多重債務者になる人は、依存症の病気の場合も多くあります。
買い物依存症や、アルコール依存症など依存症の場合はお金がないとできないものが多いです。
気がつくと返済が不可能にまで、借金をしている人がほとんどです。
途中で、止めることができないから依存症という病気になります。
返済が不能になると、まず多重債務者が行く場所は無料相談ができるところです。
そこで、資産状況や借金の内容を確認されます。
ほとんどが資産がないから借金をする人ばかりです。
その場合は、自己破産を弁護士はすすめてきます。
確かに、自己破産をすれば借金は無効になり返済は免除されます。
しかし、自己破産にはやはりそれなりのデメリットも存在します。
ここで、気になるのがその弁護士の代行してもらう費用です。
この費用は、借金の内容や弁護士により異なります。
相場としての、費用の目安は30万円~50万円になります。
他に、裁判所に申請する費用として15,000円が入ります。
この弁護士費用は、多重債務者には一括で払えるお金がないことからほとんどが分割で支払いができます。
自己破産を、すると7年間はクレジットカードやローンは出来ないというデメリットがあります。
また、会社の役員にもなることはできません。